Try WiMAX 2回目 180日

自宅でも外出先でもインターネット利用できるWiMAX2+。モバイルルーターの中でも、たっぷり使える通信量、高速通信、手頃な月額料金と、三拍子揃っています。

 

問題があるとしたら、あなたの利用したい場所でネットが繋がるかどうか。それを無料で事前に試せるのが、「Try WiMAX」ですよね。

 

Try WiMAXは、WiMAX2+通信会社であるUQコミュニケーションズ社自体が提供しているサービスです。

 

登録料、通信料、レンタル料、配送料など、一切掛からずにWiMAX2+を事前に試すことができます。

 

トライワイマックス

 

Try WiMAXの利用条件

すでに過去に1回、Try WiMAXの利用歴のある、あなた。Try WiMAX利用には、条件があるのをご存知ですよね。

 

・日本国内在住
・20歳以上
・クレジットカードがあること(あなた本人の)
・利用規約を守れること

 

それと、2回目以降は以下の条件も加わります。

 

・過去180日以内にTry WiMAXの利用履歴がないこと
・過去Try WiMAX利用の際に機器未返却がないこと

 

Try WiMAXは何回でも利用可、但し180日待つ必要有り

Try WiMAXレンタルのサービスの利用回数に制限はありません。

 

1回のみではなく、2回、3回と、何回でもTry WiMAXサービスでWiMAX2+を利用体験できます。

 

ただし、Try WiMAXレンタル利用条件に記載があるように、2回目の利用の際は、前回のTry WiMAX利用から180日以上経過している必要があります(以前は90日でしたが、180日に延びてしまいました)。

 

でも、180日といったら半年です。180日経過まで待っていられないという人もいるでしょう。

 

今すぐにでも2回目のTry WiMAXを申し込みたい。そう思っているあなたに、今すぐWiMAX2+を試せる方法をお伝えします。

 

Try WiMAXの2回目の利用、180日待てない時の解決方法

Try WiMAXを正規に利用するには、やはり180日経過しなければなりません。

 

これはTry WiMAXを実施しているUQコミュニケーションズ社が定めている規定なので、どうにもなりません。

 

でも、他に方法はあります。

 

あなたがTry WiMAXを利用した理由としては、

 

・あなたが利用する場所で、WiMAX2+が問題なく利用できるかどうかを実際に知りたい

 

ということですよね?

 

 

WiMAX2+を契約した後に、通信に問題があると判明したら困るので、それを避けたい。それを事前に知れるのがTry WiMAX利用のメリットです。

 

WiMAX2+を契約してしまった後だと、違約金が発生してしまいますからね。そのような事態は絶対に避けたいです。

 

WiMAX2+を試す方法を3つあります。

 

あくまでも通信が良好であれそのままWiMAX2+契約をする、ということを前提にしてもらった方がいいかと私は思います(悪用はしてほしくないので)。

 

それでは、これら3つの方法をお伝えします。

 

8日以内なら、通信料無料で試すことが出来る

 

初期契約解除制度

 

WiMAX2+は、キャリア元であるUQコミュニケーションズ社で直接お申込みをする方法や、BROADWIMAX(ブロードワイマックス)、GMOとくとくBB、So-net、BIGLOBE、DTIなどのプロバイダ経由でWiMAX2+をお申し込みする方法がありますプロバイダ経由の方がずっと安いのでお勧めですね)。

 

どの方法で、申込をした場合でも、WiMAX2+契約の際には、初期契約解除制度という法律が適用になります。

 

初期契約解除制度を利用すると、8日以内であれば、契約の際の事務手数料(大抵3千円)と返却送料以外は一切費用が掛からずに、WiMAX2+利用契約を解除することができます。

 

初期契約解除制度は、各WiMAX2+プロバイダも公式サイトではっきりと記載しています。

 

「初期契約解除制度がありますので、安心してください。」という言い方をしているプロバイダもありますので、堂々と初期契約解除制度を利用してもらって全く問題ありません。

 

各プロバイダによって初期契約解除制度の申請方法が若干異なりますので、各公式サイトをご確認ください。

 

20日内キャンセルOKの会社がある

 

GMOとくとくBB20日間キャンセルOK

 

GMOとくとくBBでWiMAX2+を初めて利用した場合、20日以内であれば、解約違約金なしで契約をキャンセル出来るという制度があります。

 

これはGMOとくとくBBの売りのひとつとして宣伝していますので、ちゅうちょなく利用してもらって大丈夫なサービスです。但し以下のような条件があります。

 

・UQ WiMAX2+ピンポイントエリア判定結果が「〇」であること
・機器返却の前に事前にGMOとくとくBBに連絡すること

 

GMOとくとくBB 20日以内キャンセルOK制度は、本来発生するはずの解約違約金(24,800円(税抜))を支払わなくてよい制度です。

 

但しそれ以外の費用(事務手数料、端末返却送料、月額料金など)は発生しますのでご注意ください。

 

Broad WiMAXのご満足保証

 

Broad WiMAXご満足保証

 

WiMAX2+のプロバイダのひとつであるBroad WiMAXにも、解約違約金なしで契約をキャンセル出来る制度があります。

 

これが「ご満足保証」という名前のサービスです。

 

Broad WiMAXのご満足保証の対象となるのは、WiMAX2+に何らかの理由で満足いかなかった場合、他社回線に乗り換えることを条件に、解約違約金を0円にするというものです。

 

満足いかなかった理由というのは、特には問いません。ご満足保証サービスを受けるための利用期限もありません。契約後数週間でも、何カ月後でも大丈夫です。

 

ただし、Broad WiMAXが提示している指定のネット回線業者に乗り換えることが条件となります。

 

新たなネット回線に乗り換え後、すぐにそのネット回線をキャンセルした場合は、WiMAX違約金発生などの条件はあります。

 

また、Broad WiMAXのご満足保証は、あくまでも解約違約金が発生しないというサービスですので、それ以外の費用(事務手数料、端末返却送料、月額料金など)は生じます。

 

Try WiMAX、2回目以降180日も待てない まとめ

「Try WiMAXの2回目の利用をしたいけど、180日経過も待てない!」というあなたにお勧めの3つのアクション

 

「8日以内の初期契約解除制度の利用」
「GMOとくとくBBの20日以内キャンセルOKサービスの利用」
「Broad WiMAXのご満足保証サービスの利用」

 

をお伝えしました。

 

この3つの方法の中で、最小金額の負担で済むのは、8日以内の初期契約解除制度を利用する方法です。

 

8日以内という日数の制約がありますが、この期間内に、あなたが利用したい場所でWiMAX2+が問題なく利用可能かの判断をすることは可能かと思います。

 

WiMAX2+でインターネット利用が快適に出来るようでしたら、そのまま契約を継続するだけで大丈夫です。

 

page top